お役立ちコラム

【高次元分析】甘い物やスナック菓子を食べたくなる理由

高次元情報学の基礎知識
【お役立ちコラム】
思考停止の殻を破る高次元情報学の基礎知識を、身近な例を用い、Q&A形式で簡潔にわかりやすくお届けします。
 
*****
 
【質問】
体に良くないとは思いますが、甘い物やスナック菓子が好きです。
なぜ体に悪い物を美味しいと思うのでしょうか?
 
【答え】
この件については、たくさんのお話があります
 
まず、甘い物が好きという理由についてですが、
甘い物を食べると脳内にあるホルモンが出ます。
 
気持ちが興奮し、ふわーっとさせる作用があります。
 
チョコレートや甘い物を食べると、幸せな気分になるホルモンが分泌されるため、
食べたくなります。
 
  
体に悪いから食べてはいけない、と考える必要はありません。
 
そのようにマインドで考えて我慢する方が、よくありません。
 
 
食べたいと思ったときは、どうぞ美味しく、
感謝とともにしっかり味わって食べてください。
 
 
ただ、今のスナック菓子などの中には(お菓子に限りませんが)、
中毒性のあるもの、習慣性・常習性のある物質が意図的に入れられています。
 
そのため、また食べたくなります。
 
 
繰り返しますが、「体に悪いから食べてはいけない」と、マインドで考えない方が良いです。
 
「食べたいけれど、でも本当は食べない方が良いから、少しだけ・・・」
と思っていると、自分を抑えつけるため欲求不満となり、もっと食べたくなります。
 
マインドで判断し我慢する方が、良くありません。
 
我慢のエネルギーは重いです。
 
我慢をすると、それと同じ重い現実を体験します。
 
 
 
(「常習性のある物質というと、化学調味料のことでしょうか? それとも別の物でしょうか?」)
 
化学調味料もそうです。
 
甘み・糖分もそうです。
 
これらを摂取すると、脳内ホルモンが出ます。
 
快楽ホルモンが出ます。
 
そしてまた食べたくなります。
 
 
それらを食べたい=快楽ホルモンの気持ち良さを味わいたい、です。
 
そう思うのは、あなたの今の現実が楽しくないからです。
 
気持ち良くないからです。
 
日常が気持ち良さ、楽しさで満たされていくと、
それらは自然と食べたくなくなります。
 
食べたいときは、ながら食べではなく、美味しく、
しっかりと味わって召し上がってください。
 
その後に、「今自分は何か我慢していないかな?
不安や心配に思っていることはないかな?」と考えてみることをおすすめします。
 
食べながら考える、ではありませんよ。
 
考え事は、美味しく召し上がった後にするようにしましょう。
 
*****
【関連記事】
 
【関連レポート】