お役立ちコラム

【高次元分析】職場にストレスが多い理由

高次元情報学の基礎知識
【お役立ちコラム】
思考停止の殻を破る高次元情報学の基礎知識を、身近な例を用い、Q&A形式で簡潔にわかりやすくお届けします。
 
*****
 
【質問】
職場にストレスが多いのはなぜでしょうか?
 
 
【答え】
ネガティブなエネルギーが充満しているからです。
 
ネガティブな思考の人は、自分のエネルギーが枯渇すると人からエネルギーを奪おうとします。
 
部下を叱ったり、支配したりすることにより、部下からエネルギーを奪っています。(エネルギー・バンパイアの一例)
 
「奪おう」という意識はないでしょう。
 
ただ、そうすることにより、エネルギーが補給できることを経験的にわかっています。
 
 
例えば、人とケンカをし「勝った」「やった」と思ったとき、気持ち良さを感じると思います。
 
相手からエネルギーを吸い取り自分に取り込むからです。
 
これは波動の軽い気持ち良さではありません。
 
しかし、エネルギーが不足している人は、この時に気持ち良さを感じます。
 
 
エネルギーを奪われた人は、エネルギーを得ようとさらに下の人、立場が弱い人からエネルギーを奪い、自分にエネルギーを補充しようとします。
 
つまり、全員がエネルギー・バンパイアとなっている状態、全員でエネルギーを奪い合っている状態です。
 
ピラミッド型の組織・構造は、必然的にそうなります。
 
ネガティブなエネルギーを生産するためにあるのがピラミッド構造です。