お役立ちコラム

【高次元分析】脱・ゆでガエル1|後手(ごて)・追従・ループ・保身・盲信・翻弄等から、抜け出したい方へ

自分の力で情報収集をする

【お役立ちコラム】
思考停止の殻を破り、現実を確実に変える高次元情報学の基礎知識を、身近な例を用い簡潔にわかりやすくお届けします。

プレ・カンストゲームも併せて読まれると、より有用です。
おおよそのレベルは「お役立ちコラム < プレ・カンストゲーム」です。
 
*****
 
長文が続きましたので、今日は軽めの話題を一つ。
 
コーヒー等片手に、気楽にどうぞ。
  
  

 

とある大企業の重要資料、情報収集のため幹部に配られる資料等を拝見した範囲だけでも、率直なところ、やはり後手後手です。(合法的に拝見)
 
他社の後手、とか、問題に対する対応が・・とか、定型で・・とかそういう小さいところではなく、大局的なお話です。
 
 
大局・全体を見ようと思っていらしても、既存の方法しかご存じないため、思考停止のループから抜け出せません。
  
色んな意味で現状それも当然なので、それ自体どうこうではなく。

 

今後もそのまま行くか、それとも、もっと根本的なところから思考を変えていくか、です。
 
 
ちなみに、今後もそのまま行くと、いわゆる茹でガエルです。
  
企業規模問わず、同様です。
 
しかも、より今後は加速して行きます。
 
キツさが増して行きます。

既に感じていらっしゃる経営者さんも少なくないでしょう。

キツさを感じるも、理由がわからず「???」だと思います。

わからないまま対策を取り、状況悪化、混乱増加で、困惑されている方もいらっしゃるでしょう。

この流れには、もちろん理由があります。

(更に言うと、これはビジネスの場に限ったお話ではありません。)
  
  
一口に経営者さんと言っても、当然ながら、サラリーマン社長より、オーナー企業さんの方が、危機意識は高いです。(もちろん何代目の方か、向き不向き等により全く異なりますが)
 
危機意識というとアレですから、アンテナを広げている、にしましょう。
 
例えば、国際情勢・政治経済等でも、一般に流布する情報ではなく珍しいとされる説にも、それなりのお金を払い、耳を傾けていらっしゃいます。
 
ただ、当然ながら、その情報を判別する決め手をお持ちではありません。
 
これまでの教育の刷り込みにより、「難しい話をする人ほど賢い、すごい」と思いがちな部分もあります。
 
そのため、崇拝・盲信・混乱・困惑・翻弄されがちです。
 
上記情報を発信している人の中には、発信した情報に間違いがあることに気付いても、簡単な訂正手段が複数あっても、プライドを守るために訂正しない方も普通にいます。
 
それを承知でその情報を活用されている方は良いですが、念のため記しておきます。
 
 
 
・思考停止のループを抜け出したい
 
・自分の力で大局を見極めたい
 
・茹でガエルは絶対イヤだ
 
・でもどうしたら良いかわからない・・

という方は、まずは、どうぞたくさんの情報に触れてみてください。
 
毎日の生活範囲内で与えらえる・触れる情報を鵜呑みにせず、健全な疑問を持ってください。
  
一度、メディア情報を遮断するというのも一つです。
 
しばらくTV・新聞・ネットニュース等を見ない、ということです。(※注)

(これはなぜでしょう? どのような効果があるでしょうか? もちろん理由があります。)
  
そして、ご自身の人生テーマにおける真実の情報を、自らのハートのアンテナを頼りに、探し、考えてみるのもお勧めです。
  
  
  
と言っても、精神修行の旅には出ないでくださいね(笑)
 
「一人静かに考える」はOKですが、滝行・座禅・写経・山中を歩き続ける等は一切要りません。
 
むしろなさらないことをお勧めします。

 

知ること、考えることを楽しみ、人生に選択肢を増やしましょう。
 

(※注:但し経営者さんにおかれましては、現段階において、事業に直接影響する情報に関してはこの限りではありません。例えば自社又は関連工場で大規模な水害・浸水被害発生時等、正確な現地情報収集、最短完全復旧・事後処理までを一連とし臨機応変・迅速で最適な対応が必要なのは言うまでもありません。当方としては、ゆくゆくはこの「被害にあう」という現実をも自分でコントロールできるようになって頂きたいと思っています。このあたりの説明はここでは省略。ひとまずご注意ください。)
 
*****
 
プレ・カンストゲーム一覧
コラムタイトル一覧
レポートタイトル分野別一覧
個別のご質問・ご相談