お役立ちコラム

【高次元分析】2 特別な力・大きな力・不思議な力|ありがちな罠

特別な力・大きな力・不思議な力に惑わされない

【お役立ちコラム】

思考停止の殻を破り、現実を確実に変える高次元情報学の基礎知識を、身近な例を用いて簡潔にわかりやすくお届けします。
 

プレ・カンストゲームも併せて読まれると、より有用です。
おおよそのレベルは「お役立ちコラム < プレ・カンストゲーム」です

*****
 
周りのみんながあっと驚くような、ひれ伏すような、特別な力・大きな力・不思議な力・・。
 
もし、それらに惹かれたときは、少し立ち止まってみることをお勧めします。
 
どうしてそれが欲しいのですか?
 
すごいと言われたい、認められたい、褒められたい、ちやほやされたい、特別扱いされたい・・・そんな思いはありませんか?
 
善悪ではありませんので、どうぞご安心くださいね。
 
誰もおこったり、あなたを責めたりする人はいません。
 
落ち着いて、あなたの内面をあなた自身で見てあげましょう。
 
それらの力に惹かれる、それが欲しい願うあなたの内面、上記の気持ちの奥底には、何があるでしょうか?
 
どうしてそれが欲しいのでしょうか?
 
それを手に入れるとどうなるのでしょうか?
 
そのイメージはどこから来ていますか?
 
 
あなたが楽しく自由で豊かな現実を望まれるのであれば、
 
それらの驚くような力を手に入れなければ・・と思う必要はまったくありません。
 
なぜなら、すでに皆さん使っていらっしゃるからです。
 
感覚、直感、ひらめきなどがそれです。
 
必要なものは、すでにあなたの中にあるのです。
 
空気を読む、雰囲気の良いお店、何となくこっちの方がいいなと感じる。
 
あ、あれをやってみたらどうかなと思いつく。
 
うわーあの人おこってる・・、あの人とってもうれしそうと、話さなくてもわかるなど。
 
「えー・・そういうのではなくても、もっとこう何かすごい力じゃないと・・・」と思われた方は、すでに仕掛け人たちの術中です。
 
驚くような奇跡的な力こそ素晴らしいもの・5次元である、そうでないものは全然ダメ・まだまだだ、というミスリードです。
 
いつどこで、どのようにして、このように刷り込まれているのでしょうか?
 
ここもひっかかりやすいところです。
 
 
すでに私たちは5次元領域にいます。
 
5次元領域とは、どこか遠くにある特別な場所でも何でもありません。(これもミスリードです)
 
物理的な場所ではなく、あなたの内面がどのような思考・気持ちで満たされているかです。
 
それにより、あなたが体験する世界・現実が、変わります。
 
 
そもそも、霊的能力の大小と、持ち主の波動・エネルギーの軽重はまったく関係ありません。
 
見えない世界も同じです。
見えない世界では波動の軽重問わず、その手の力は当たり前です。本来そうです。
 
霊的能力を手に入れようとがんばる必要はありませんので、どうぞご安心くださいね。(むしろ逆効果なのでなさらないことをお勧めします。)
 
 
  
楽しく自由で豊かな現実を創造するために必要なものは、とてもシンプルです。
 
あなたが今、楽しく幸せであることです。
 
 
あなたの現実は、あなたの内面の現れです。
 
楽しく自由で豊かな現実を体験されたいなら、あなた自身が、今そうであれば良いのです。
 
あなたが発したものを、あなたは受け取ります。
 
あなた自身が軽い波動・エネルギーであれば良いのです。
 
 
軽い波動・エネルギーとは何でしょうか?
 
ご自身を含め、すべての存在に対する感謝・尊敬・尊厳の気持ちです。
 
あなたが楽しいこと、好きなこと、ハートで惹かれることを楽しんでいれば、自然とそのエネルギーに満たされます。
 
 
波動の軽重問わず、すべては同じものです。
 
優劣・上下・善悪はありません。
 
波動が軽い方がマル、重い方はバツ、ということはありません。
 
すべて大切な存在です。
 
どちらを選ぶかは、単にそれぞれの好みです。
 
 
私たちはみんな、地球に遊びに来ています。
 
どうやって遊ぼうか、どうやって楽しもうか。
 
その遊び方の違いというだけです。
 
重りをつけて遊ぶか。
 
重りを外して遊ぶか。
 
どちらでも良いのです。
 
 
ただ、両方の掛け持ちは出来ません。
 
どちらかを一つ、選ぶ必要があります。
 
 
重りを外し、楽しく自由で豊かな遊びを楽しみたい方は、
 
派手で奇跡的なパフォーマンスや大仰な外側に目を奪われ、踊らされることなく、(奇跡や不思議は、知識がないとそのように感じて驚くだけです。)
 
落ち着いて、余裕をもって、ご自身にあたたかな意識を向けましょう。
 
あなたが本当にやりたいこと、一番好きなことに、意識を向けてあげてくださいね。
 
 *****