お役立ちコラム

【高次元分析】思考と周囲の人間関係との関連

高次元情報学の基礎知識
【お役立ちコラム】
 思考停止の殻を破る高次元情報学の基礎知識を、身近な例を用い、Q&A形式で簡潔にわかりやすくお届けします。
 
*****
 
【質問】
相手が見えない世界に興味のある人かどうかで、話す内容を変えるのが大変です。
周りに見えない世界のことに理解を示してくれる人がおらず、家族にも変わった人扱いされています。
様子を見ながら話していますが・・・。
 
 
【答え】
 
自分を自由にのびのびと表現してあげてください。
 
様子見はあまりしなくて構いません。
 
中途半端な変人は叩かれます。
 
中途半端さは、あなたの怖れ・迷いです。
 
あなたが怖れているから、怖れているとおりの反応が周囲からあります。
 
あなたが迷い、怖れたとおりの現実を体験します。
 
 
堂々と変人になってください。
 
突き抜けてください。
 
堂々と突き抜けると叩かれなくなります。
 
何か言われても気にならなくなります。
 
あなたが覚悟を決めると、あなたの雰囲気、あなたから放射されるエネルギーが変わるからです。
 
 
もちろん離れていく人もいるでしょう。
 
でも悲しむ必要はありません。(ここで悲しいと感じるのも刷り込みです。)
  
無理をして付き合い続けると、あなたにとって苦しいだけでなく、向こうにとっても苦しいものです。
 
感謝とともに、そっと距離を置くことがお互いのためです。
 
善悪・優劣ではなく、それが波動・エネルギーの性質です。
 
 
心配しなくても、新しく自然体でお話ができる人たちが現れます。
 
自分を素直に出せる人が集まります。
 
 
*****