お役立ちコラム

【高次元分析】統合失調症・自殺・通り魔などの本当の原因

高次元情報学の基礎知識
【お役立ちコラム】
思考停止の殻を破る高次元情報学の基礎知識を、身近な例を用い、Q&A形式で簡潔にわかりやすくお届けします。
 
*****
 
昨日のコラムの続き)
 
【質問】 
精神病・精神障害はいくつも種類があるようですが、例えばよく耳にする「統合失調症(※)」の原因は何でしょうか?
 
※統合失調症
2002年に精神分裂病から呼称変更。
 
 
【答え】
 
そもそも、統合失調症という病気はありません。
 
ほとんどが憑依によるものです。
 
他人のエネルギーが自分の中に入っているだけです。
 
通り魔や自殺もほとんどが憑依によるものです。
 
薬を投与するのではなく、中にいる人に帰ってもらえば良いだけです。
 
 
薬の投与は逆効果となります。
 
他の存在を自分の中に入れたのは、端的に言えば、その方自身の意思です。
 
自覚はないでしょうか、エネルギー場で双方に、常に、合意があります。
 
あなたが選択し・合意しないことは、あなたの現実には起こりません。
 
望まない現実ならば、あなたが別の選択をすれば良いだけです。
 
 
しかし、この場合に処方される薬を飲むと、その方の意識が弱くなります。
 
自我が弱くなると、中に入っている別のエネルギー存在は、自由度が増します。
 
良い結果とは言えないでしょう。
 
 
 
そもそも、なぜ憑依されるのでしょうか?
 
憑依されないためにはどうすれば良いのでしょうか?
 
より重要なのは、この点です。
 
 
憑依される方も、憑依する方も、全て波動(エネルギー)で出来ています。
 
波動の性質から考えてみると、どのような結論となるでしょうか?
 
ちょっとしたクイズとして、思考の体操として、ぜひ楽しみながら考えてみてください。
 
 
※「うつ病」はまた別のお話となります。
これも病気ではありません。
薬はマイナスですのでお勧めしません。 
 
*****

【関連記事】

 
 
【関連レポート】