お役立ちコラム

【高次元分析】社会がここまで苦しいものになった理由、その根本にある考え方/クリスタルの効果効能?

高次元情報学の基礎知識

【お役立ちコラム】
思考停止の殻を破る高次元情報学の基礎知識を、身近な例を用い、Q&A形式で簡潔にわかりやすくお届けします。
 
*****
 
【質問】
◎◎に効果がある、◎◎役に立つ、というクリスタル(水晶)は、本当に効果があるのでしょうか?
 
 
【答え】
 
まず、根本の話をさせていただきたいと思います。
 
お人によっては少々きびしく聞こえるかもしれませんが、耳をかたむけていただければ幸いです。
 
 
この地球の上にあるものは、私たち人類の為にあるわけではありません。
 
役に立つ、役に立たない、という視点で物を見ないことをお勧めします。
 
 
ご質問と少しずれますが、まずこのお話をさせてくださいね。
 
人の役に立つかどうか、という見方は、平等ではありません。
 
説教しようとか問い詰めようとか、意地悪で言っているわけではありませんので、
 
どうぞリラックスして、客観的な情報としてお受け取りくださいね。
 
 
まず、すべては波動で出来ています。
 
すべては同じ物です。
 
本当はすべて同じ物なのに、「自分にとって役に立つかどうか」で分ける視点、差別する視点。
 
私たちの社会がここまで苦しいものになっているのは、すべてそこが始まりです。
 
人間がすべてを支配・コントロールしているという考え方です。
 
この考え方は、私たちを支配・コントロールしている、真の支配者たちの考え方です。
 
 
役に立つ・役に立たない、の基準を、どうぞ手放してください。
 
石にもちゃんと意識があります。
 
思考があります。
 
多くの方がその思考を読みとれないだけです。
 
単なる物として見て、相手の意向をくみ取ろうとされていないだけです。
 
 
「◎◎の効果」というものは、石によってちがいます。
 
人に個性があるように、石にも個性があります。
 
人間同士でも、合う・合わないがあるように、
 
人と石にも、合う・合わない、があります。
 
 
人と同じように、石にも意識があります。
 
感情もあります。
 
 
もしあなたが誰かに「この人は自分にとって役に立つか」という目で判断されたり、
 
「役に立つから使ってあげよう」と言われたら、ムカつくと思います。
 
イヤな気分になると思います。
 
 
石も同じです。
 
あなたの思考は、石にも伝わります。
 
役に立つから持っている、という思考は、石に伝わります。
 
すると、役に立たなくなります。
 
 
でも、石に対し尊敬と感謝の気持ちがあれば、応えてくれることもあります。
 
応えてくれないこともあります。
 
応えるかどうかは、石の自由です。
 
 
「だから感謝と尊敬をあげているじゃない」というのは同じことです。
 
「感謝と尊敬の念があるから役に立ってよ」は同じことですよ。
 
 
感謝は大切・・。
 
当たり前すぎて、「はいはい、感謝感謝」という気持ちになりがちだったりしませんか?
 
 
 
「感謝しないといけない」「感謝をしなければ」ではありません。
 
 
ハートからわきでる、あたたかな感謝です。
 
うれしい気持ち、大好きな気持ちで胸がいっぱいになると、
 
自然とハートから何ともいえないあたたかなエネルギーがわいてくると思います。
 
 
そのエネルギーに、感謝の思いを乗せてみましょう。
 
そのあたたかな感謝を、すべての存在に向けてみましょう。
 
 
そのとき、いてくれてありがとう、という気持ちになると思います。
 
ただいてくれること、存在してくれていることだけで、うれしく、ありがとう、

という気持ちになると思います。
 
何かしてくれてありがとう、ではありませんよね。
 
もし「何かをしてくれたからありがとう」・・・と思うと、

あれ? 何かちがうな・・」と、違和感を抱かれると思います。
 
 
 
いてくれてありがとうございます。
 
だから私もありがとうございます、です。
 
 
あなたご自身も、ご自分がいることに、今こうして存在していることに、

感謝してあげてくださいね。
 
 
自分自身に感謝していない方が多いのではないでしょうか?
 
いつも自分に感謝している方はいらっしゃいますか?
 
自分はダメな存在だと、まだまだだ・・・、もっとちゃんとしないと・・・、

なんて思っていませんか?
 
誰かの役に立たないとダメだ、役に立ち喜ばれないとダメだ・・・と、

心のどこかで思っていませんか?
 
 
すべてその思考になっています。
 
その思考が当たり前になっています。
 
自分自身に対しそう思っていらっしゃるので、自分以外に対しても、

無意識にそのような目を向けてしまっています。
 
 
私たちはいつもそのように考えるよう教育されています。
 
私たちを支配・コントロールしている存在たちが、私たちをそのように見ているからです。
 
役に立つ=必要な存在。
 
役に立たない=不要な存在、と。
 
 
この思考を選んでいると、いつまでも、
 
「誰かに役に立つ存在でいなくてはならない、人の役に立たなくなったらお払い箱になる・・・」
 
という怖れや不安を抱き続けることとなります。
 
その現実を体験し続けることとなります。
 
   
 
長くなりましたので、続きは次回お届けいたしますね。

続きの記事⇒「クリスタルの効果効能? その2」
 
 
*****
 
【関連記事】
ライトワーカーの使命?
障害者・発達障害などの差別がある理由
苦手なことを無理にする必要はありません
思考と周囲の人間関係との関連
天国や地獄は本当にあるの?
刷り込み・3次元思考・思考停止を外す方法