ハートに響くメッセージ

誰かの許可を待たないでください / ウイルス対策にマスクは無意味です

迷いを晴らし人生を変えるきっかけは、ときに片言隻句であるものです。
今必要とされている方のもとへ、ハートに響くメッセージをお届け致します。

思考停止の殻を破り現実を変える高次元情報学の基礎知識は、「プレ・カンストゲーム」でもお届け致しております。
(おおよその難易度は、「お役立ちコラム一覧(ハートに響くメッセージ含む)」<「プレ・カンストゲーム」です。)

楽しく自由で豊かな現実を望まれます方は、人生のハンドルをその手にしっかりと握って行きましょう。

───────────────────────────────────────────────────

 

誰かの許可を、待たないでください。

待つ必要など、ありません。

 

──────────────────────────

 

あなたが何かをしようと思う時。

何かをしたくないと思う時。

誰かの許可を、待たないでください。

待つ必要など、ありません。

 

誰の許可もいりません。

あなたが自分に、許可を出してください。

それで良いのです。

 

そもそも、なぜ、許可を待つのですか?

一体誰の許可を、待っているのですか?

あなたの日々は、あなたが決めて良いのです。

当然のことです。

 

楽しく自由で豊かな毎日を望まれます方は、

あなた以外の存在に、あなたの現実を決めさせないことです。

 

私が決めてあげましょう・・こうしなさい・・こうすべきです・・。

そうおっしゃってくる相手には、むしろ警戒されることをお勧め致します。

 

その理由に納得し、受け入れるならOKです。

納得していないのに、何も考えず無邪気に受け入れることが問題だということです。

そして受け入れたなら、責任はもう、あなたにあります。

結果、現実がつらかろうと苦しかろうと、それを選んだのは、あなた自身です。

イヤなら、選びなおせば良いだけです。

 

 *    *    *

 

例えば、お店のスタッフさんで「マスクが苦しい・・やりたくない・・・」「一体いつまでマスクをやらないといけないんだ・・・」

そうお思いの方は多いようです。

やりたくないなら、やらなければ良いのです。

いつまでマスクをしないといけないのか? 今取り外しても良いのではありませんか?

だれがダメだと言ってるのですか?

そのような権限が、その方にあるのですか? 

そもそも、マスクを着けないといけないという理由は、本当ですか?

その根拠は何ですか? 

 

先日食事をいただいたお店では、スタッフの方の半分は、マスクをされていませんでした。

それに対し、お客様は誰も何もおっしゃっていませんでした。

気にも留めていません。

お店の方はにこやかにご接客くださり、お客様方も誰も何も気にせず、

食事を、会話を、いつもどおり楽しんでいらっしゃいました。

お客側と致しましても、お店の方がマスクをされていない方が、

リラックスでき、自然で心地良くすごせます。

 

 

なぜ、「マスクをしないといけない」と思っていらっしゃるのでしょうか?

そもそも、マスクはウイルス対策として無意味です

ウイルスの大きさ・性質を考えれば、説明するまでもないことです。

 

もちろん花粉症など、マスクはお人によっては必要でしょう。

そういう方は、着けたくて、ご自身で必要性を感じて着けていらっしゃいます。

着けるなと言われたら、逆にお困りになるでしょう。

他方で、必要のない方にとりましては、マスクはマイナス影響しかありません。

ご自身が「苦しい、不快だ」とお感じになるその感覚が、

その方にとっての答えを教えてくれています。

それぞれの身体はご自身にとって何が良いか悪いか、きちんと判断してくれています。

 

苦しく不快に思いながらも我慢していると、エネルギーの性質上、

「なぜ自分だけこんな目に合わないといけないんだ。他の人も同じ思いをするべきだ。我慢していない人が許せない」という心境が強くなります。

“皆のため、皆の安全のために必要、マナー、エチケットである”という言葉を無邪気に信じ、掲げ、他者にも同じ行動を強いるようになります。

そのことに疑問を抱かず、正義であると信じて疑わなくなります。

自分の苦しさを、他者を苦しめることで埋めようとします。

 

 

2020年6月15日にマスクが義務化されたイギリスの首都ロンドンでさえ、

■マスク着用率はかなり低い

■ロンドンの公共交通機関では、「マスクは苦しいから」「医学上の理由があるから」という理由だけで、医療機関の証明書など無しにマスク着用が拒否できる

ほんの一例ですが、上記をご承知おかれた上で日本の状況をご覧になると、

冷静さを取り戻し、違和感をお感じになることができると思います。

 

日本では義務化されていないのに、お互い強制し合う傾向にあるようです。

他者に要請(お願い)・強要し何も疑問に思わないこと自体が、恐ろしいことです。

 

 

エネルギー視点で申し上げますと。

マスクをしないと何か言われるのでは・・・と心配し怯えていると、何か言う人が現れます。

堂々としていれば、そのような人は寄って来ません。

何か言われても、「私はマスクをしません。無意味であり、必要性がないからです」そう堂々としていれば、

それ以上あなたに対し何も出来ません。

 

お子さんにもマスクをさせたくない方は、こちらの記事が参考になるでしょう。

学校でマスクをしなくても良くなりました!

素晴らしいお母様ですね。

(この記事を教えてくださいました方、ありがとうございます。)

 

 

イヤならイヤと言うことです。

おかしいならおかしいと、しっかり感じ、無邪気に受け入れないことです。

 

どうするか決めるのは、自分自身です。

行動に移すも移さないも、決めるのは自分です。

流されていると、いつまでも流され続けます。

流されるも自由、流されないも自由です。

 

楽しく自由で豊かな毎日を望まれる方は、

支配・コントロールの流れ、より強まる流れからはさらりと離れ、

人生のハンドルを自分の手でしっかりと握って参りましょう。