ハートに響くメッセージ

病気自慢? 副反応自慢?

迷いを晴らし人生を変えるきっかけは、ときに片言隻句であるものです。
今必要とされている方のもとへ、ハートに響くメッセージをお届け致します。

思考停止の殻を破り現実を変える高次元情報学の基礎知識は、「プレ・カンストゲーム」でもお届け致しております。
(おおよその難易度は、「お役立ちコラム一覧(ハートに響くメッセージ含む)」<「プレ・カンストゲーム」です。)

楽しく自由で豊かな現実を望まれます方は、人生のハンドルをその手にしっかりと握って参りましょう。

───────────────────────────────────────────────────

 

楽しく自由に豊かに暮らしたい方は、

病気自慢大会には参加せず、早々に卒業しましょう。

 

───────────────────────────────

 

Aさんとの雑談中。

「そういえば、ある飲食店に出掛けた方が、周りから聞こえてくるお客さんの話題が病気や検査の話ばかりだったそう。ちなみにそのお店は・・・(略)」とのこと。

さもありなんと、お互い頷きあいました。

さて、ここでクイズです。

略部分は何でしょうか? 

 

 

健康・病気はご高齢の方の大きな関心事であり、

何人かお集まりになりますと、病気自慢大会になることはよくあるようです。

最近では年齢を問わず、例の副反応自慢もあるようですね。

 

そのような話題を自慢のようにお話したくなる心理、その根底にあるものは?

・・という論点もなかなか面白いものですが、ここでは割愛致します。

 

「打たない人はまったく元気で変わりないのに、

打った人のほうが目に見えて苦しむ本末転倒ぶり。

なぜ疑問に思わないのか不思議で仕方がない」

とのご感想をよく耳に致しますが、おっしゃるとおりですね。

とはいえ、おかしさにお気づきになる方はどんどん増えております。

 

10月1日時点、接種後の死亡数は1,200人以上、重篤副反応は4,700人以上。(厚生労働省発表)

報告義務は接種後4時間内のみであり、しかもすべて申告されているわけではありませんので、氷山の一角であることは想像に難くありません。

 

 

A 病気等にわずらわされず、医療ビジネスに食いものにされることなく、楽しく自由に豊かに暮らしている

B 病気や不安を抱え、我慢・おそれ・苦しさ・つらさの中で暮らしている

 

あなたは今とこれから、どちらの毎日を望みますか?

何ごとにも必要な知識とコツがあり、

毎瞬の選択が、あなたの次の現実を創っています。

 

個別相談のお申込み

レポート分野別一覧

法人顧問及び各サービス

メッセージ一覧

プレ・カンストゲーム一覧

 

 

無断転載・転用は許諾致しておりません。