お役立ちコラム

【高次元分析】天国や地獄は本当にあるの?

高次元情報学の基礎知識
【お役立ちコラム】 
思考停止の殻を破る高次元情報学の基礎知識を、身近な例を用い、Q&A形式で簡潔にわかりやすくお届けします。
 
*****
 
【質問】 
体を脱ぐとき(死ぬとき)、痛さや苦しさはないと聞き少し安心しました。
ところで天国や地獄はあるのでしょうか?
できれば地獄ではなく、天国に行きたいです。
 
 
【答え】
 
まず、天国も地獄もありません。
 
あなたがどちらに行くべきか、裁く存在もいません。
 
いずれも宗教概念です。
 
「そんなことをしたら天国に行けないぞ。地獄に行くぞ」と脅すためのアイテムに過ぎません。
 
いずれも、あなたの思考・行動を縛るための作り話です。
 
 
人は愚かな存在だから、神の教えがないと、何か決まりがないと、皆好き勝手してひどいことをする、ですか?
 
それも刷り込みです。
 
そう思わせておけば、自分は愚かな存在である、野放しにすると何をするかわからない・・、だから教え導いてくれる立派な存在が必要である・・と、セルフイメージを低く保ってくれます。(自覚はなくても、低い波動状態をキープさせることができます。)
 
 
「でも実際、わるいこと、ひどいことをする人はいますよ?」ですね。
 
それは、人がもともと愚かだから、ではありません。(性善説ではありません。性善説もミスリードのためのドクが含まれています。)
 
ひどいこと、わるいことを「する人」とは、エネルギー的にどういう状態か。
 
教えや規則がなくても、ひどいこと、わるいことを「しない人」とは、エネルギー的にどういう状態か。
 
ぜひそこを考えてみてください。
 
 
で、結局、肉体から離れた後はどうなるか? 
 
どのような世界が待っているのか? 
 
続きはまたの機会と致しましょう。
  
*****
 
【関連コラム】