お役立ちコラム

【高次元分析】感情・直感・感性の本当の力

高次元情報学の基礎知識
【お役立ちコラム】
思考停止の殻を破る高次元情報学の基礎知識を、身近な例を用い、Q&A形式で簡潔にわかりやすくお届けします。
 
*****
 
【質問】
趣味でピアノを弾いています。
悲しい曲を弾くときは悲しい気持ちになって弾くのがよいかと思うのですが、それは重い波動と共振することでしょうか?
 
 
【答え】
悲しいことが悪いわけではありません。
 
悲しい曲を弾きたいと思われるときは、悲しみを楽しんでください。
 
 
(「・・・?」)
 
感情は素晴らしいものです。
 
どうぞ感情を楽しんでください。
 
いつもにこにこふわふわしていることが良い、と言っているわけではありません。
 
楽しみましょう、です。
 
真剣に向き合う=楽しむ。
 
音楽を楽しむ=音を楽しむ、です。
 
 
悲しいと思われる感情を楽しみたいと思われるなら、
「悲しさを楽しみましょう、悲しみを味わいましょう」、ということです
 
感情にどっぷりつかる=感情におぼれる=自分を見失う、ではありません。
 
私たちは、ネガティブな感情とは上記のようなものと教わっています。
 
それ以外の知識がありません。
 
そのため、ネガティブな感情をこわがります。
 
こわがる必要はありません。
 
おぼれるのではなく、(略)です。
 
 
私たちは感情の性質も、扱い方も、教えられていません。
 
悲しみなどネガティブな感情におぼれ、振り回されがちです。
 
そのため、多くの方は味わいたくないと思います。
 
 
 
感情は本当は素晴らしいものです。
 
素晴らしく大きな力を秘めています。
 
感情は、思考の現実化においても重要な要素です。
 
私たちが感情を上手に使いこなすと、自由で幸せな人生が送れてしまいます。
 
直感や感情は、(略)の力があります。
 
 
私たちは地球に、いろんな体験をし、その時々の感情を楽しむために来ています。
 
どのような体験をするか、自分で決めて来ています。
 
悲しいという体験ができる自分は素晴らしいのです。
 
くやしさ、怒り、嫉妬、苦しさ、すべてそうです。
 
 
感情を体験するとは、おぼれることではありません。
 
くやしさ、怒り、すべてそうです。
 
 
感情はあなたの味方です。
 
感情を大切にし、人生を楽しみましょう。
 
感情を味わい、より豊かな体験を楽しみましょう。
 
   
ただ、上記で言う楽しさとは、「享楽」「刹那的な快楽をむさぼること」ではありません。
     
「享楽」「刹那的な快楽をむさぼること」は、波動を下げます。
 
波動を下げる方向にミスリードされがちなので、気を付けましょう。
 
このお話も長くなりますので、またの機会にお届けします。
 
*****
 
【関連記事】
 
【関連レポート】