プレ・カンストゲーム

【プレ・カンスト】フィクションから透けて見える仕掛け

【プレ・カンスト】フィクションから仕掛けを読み取る

【プレ・カンストゲーム】
思考停止の殻を破り、カンストゲーム・高次元情報学をより現実に活かしたい方へ。
高次元思考のベースを作る着眼例をお届けします。

初めての方はこちらの「プレ・カンストゲームとはをご覧ください。

お役立ちコラムも併せて読まれると有用です。
おおよそのレベルは「お役立ちコラム < プレ・カンストゲーム」です。

人生のハンドルを取り戻し、現実化の精度を上げて行きましょう。

============

 

ある医療マンガをパラパラと見ていて。

・画と原作は別
・監修は医師と専門家複数

ということで、一般には馴染みのない細かな専門用語や

描写が多く出て来ます。

パターンではありますが主人公の活躍もあるため、

比較的楽しく読みながら「勉強になる」と感じる方が少なくないだろうという印象。

実際そのような感想もちらほら見かけます。

 

世の中の方はどのような作品・物語に触れ、どのような印象を持っていらっしゃるのか。

場合や見方によっては、「仕掛け人側がどのような意図を持って、

どのような印象を人々に与えたいのか」が透けて見えることもありますので、

気分転換も兼ねてたまにチェックしています。

 

チェックといっても、人間関係含む色んなドロドロ等は苦手なので、

それらは避けているため若干偏りがありますが、その点は笑ってお許しいただき、

よろしければ何かのヒントにお役立てくださいね。

 

さて、その中のあるお話。

■<要約>

・乳がんの疑いのある外来患者さん
・再検査の必要
・複数の病院で検査をするなど正確な検査結果が出るまで数ヶ月、日常生活に支障をきたす人、最悪命を絶つ人もいる
・これまでの人生の回想・・
・本人は、こわくてたまらない
・家族も、何かできないかと必死
・でも、専門家の素晴らしい技術により、本件は良性のRSLであり、乳がんではないと判明
・めでたしめでたし

 

お話としては面白いのだと思います。

おそろしさや不安も良く伝わってきます。

この作品を実際に読まれた方は、フィクションである、マンガである・・

ということは十分わかりながらも、例えば下記のような印象を受けるかもしれません。

 

■<このお話から受ける印象例>

・へー、乳がんは12人に1人がなるんだ
・がんが見つかる=死の宣告のようなこわさがあるな・・
・がんの早期発見って本当に大切
・病気を正確に見つけるために、検査の精度って大事
・難しい名前の細かな病気・病変がたくさんある
・医師や専門家ってすごい
・海外の有名権威に認められているほどのすごい人(主人公)は、能力も格上

 

本作品を読まれるまでもなく、多くの方は、漠然と同じ印象をお持ちだと思います。

作家さん自身も同様でしょう。

このようなフィクション・ニュース・権威を伴った情報に繰り返し触れるほど、

その思いを強くされるかもしれません。

(実際、自覚はないまま刷り込まれていきます。)

 

では、本日の問いです。

■最後「めでたしめでたし」で終わっているが、本当にめでたいのか?
もし悪性ならどうするのでしょう?
「悪性✕、良性〇」と当然に思っているが、そもそもこの分類は正しいのでしょうか?

■腫瘍の良し悪しは、結局顔つき(見た目)で判断されます
病理検査に出しても、専門家たちも良く分からない場合はある
疑問を呈している医師たちもいるが少数派

良性か悪性かの線引きに、もし意味がないとしたら?
紫陽花の花色について「青は良性、ピンクは悪性」と言っているようなものだとしたら?
そのようなことはあり得るのでしょうか?

■上記のフィクション
事実を列挙しただけの文章より、絵+物語で読んだ方がインパクトがあります。
もしそこに理由があるとしたら、どのように説明できるでしょうか?

■がんと診断された芸能人が、よく報道されます
報道の仕方に、一定の傾向が見られないでしょうか?
勘ぐり過ぎか、それとも・・?
もし理由や意図があるとしたら、それは何でしょうか?

■乳がんは、昔は20人に1人と言われていました
でも、徐々にその確率が上がっています
なぜでしょうか?
一般に言われている理由は本当でしょうか? 一体どういうことなのでしょうか?

■上記フィクションからも、「がんは早期発見が大事、その後の対応が大事」という印象を持つ方が多いでしょう
でも、「そもそもなぜそのような状態になったのか?」には、一切触れられていません
原因は、話題にものぼりません
そこに誰も疑問すら持ちません。なぜでしょうか?

■予防が大事というと、時にあやしげな健康食品などの話題に世間の意識は向きがちです
そのような情報に振り回される方が多い傾向にあります
なぜでしょうか?

 

【あなたはどれですか?】

A:考えたこともなかった、素直に信じていた

B:疑問に思いつつも、答えが出せずにいた

C:半分ほど答えられる

D:ほぼ答えられる

 

当方のがんレポートを読まれた方は、知識を得る前と後、

どちらの考え・お気持ちも、良くお分かりになると思います。

問題の根の深さと仕掛けの巧妙さに、思わず苦笑されるかもしれません。

 

当方のお客様等ではありませんが、世のニュースや情報に疑問を持ち、

陰謀論にも理解があり、積極的に情報収集をされている方でも、

「こと体に関しては別、医者の言葉は絶対」

になってしまわれる方は少なくありません。(医師の方でもそうです)

それほど医療・病気に関する刷り込みは強いということです。

いつも思いますが、仕掛け人さん方はとても上手いですよね。

 

ところでその仕掛け人さん方自身は、病気になったらどうするのでしょうか?

問いを追加しましょう。

■仕掛け人さん方も一般の方と同じように、現代医療を取り入れているのでしょうか?

■ある一部の層は、一般より長寿で元気な方が多いのはなぜでしょうか? 偶然ではなく、理由があるとしたら?

少し考えてみるのも面白いと思います。

 

正確な知識は力です。

楽しく自由で豊かな現実を望まれる方は、

人生のハンドルをご自身でしっかりと握り、

仕掛けや罠を軽やかに越えて行きましょう

 

あたたかな敬意と感謝を込めてお届け致します。

 

※現代医療に厳しい意見をお届け致しておりますが、すべてを否定しているわけではありません。必要と判断された場合は、上手にご活用くださいね。

=====

・全記事タイトル一覧(お知らせ除く)

レポート分野別一覧&価格

お役立ちコラム一覧

プレ・カンストゲーム一覧