ハートに響くメッセージ

疑問点募集7/31|不妊治療について、各説・原因・治療法・周囲の環境・幸せなど

迷いを晴らし人生を変えるきっかけは、ときに片言隻句であるものです。
今必要とされている方のもとへ、ハートに響くメッセージをお届け致します。

思考停止の殻を破り現実を変える高次元情報学の基礎知識は、「プレ・カンストゲーム」でもお届け致しております。
(おおよその難易度は、「お役立ちコラム一覧(ハートに響くメッセージ含む)」<「プレ・カンストゲーム」です。)

楽しく自由で豊かな現実を望まれます方は、人生のハンドルをその手にしっかりと握って参りましょう。

───────────────────────────────────────────────────

 

《お話要約》

日本人の◎人に一人、という表現があります。

がん、糖尿病、認知症、歯周病など、どれも異様に多くしかも解決が難しいとされ、

何だか似ているように思います。

今年の4月に保険適用になった関係で記事をたまに見かけるせいか、

最近は不妊治療もこの「何か裏がありそうな病気や治療」に入るのではないかと思っています。

 

────────────────────────

 

面白い着眼点ですね。

おっしゃるとおり、何かありそうですよね。

本件もたくさんの論点があり、興味深い分野の一つです。

 

●不妊にお悩み方は約5~6組に1組

●日本の不妊治療は60カ国中、実施件数は最高・出産率は最低

これだけでも目が点になりますよね。

 

ざっと検索するだけでも、不妊治療に関する記事はたくさんあります。

お悩みの方は多く、費用も高額になる傾向にあります。

先が見えず、精神的にもきつくお感じの方も多いでしょう。

 

せっかくですのでこの機会に、レポート作成を視野に、

皆さまからご意見・ご質問を募集したいと思います。

 

今妊活中の方、治療中の方、医療関係の方、企業の方、

お身内の方、その他どなたでもご興味がおありの方は、

それぞれのお立場でお感じのところ・疑問点・知りたいことなど、

ぜひ率直なお声をお聞かせください。

 

「どこのクリニックが良い、わるい」などの小さな視野のクチコミに翻弄されて終わりではなく。

また、医師に言われるがまま流されて終わりでもなく。

あまたある説の何が本当で何がウソか?

裏があるのか? ないのか?

時間・お金・労力を無駄にしないためにはどうすれば良いのか?

精神的にもご自身を守り、幸せを得るためにはどうすれば良いのか?

高次元視点で、今の不妊及び妊娠知識・不妊治療情報、それらを取り巻く状況を、

ひとつひとつ冷静に見ていきたいと思います。

ご自身で考え、納得の上で、望むベストを選べる一助となればと思います。

 

ご質問募集締め切り:2022年7月31日

 

《不妊治療関連記事例》順不同、適宜検索

成功率低すぎ!日本の不妊治療の残念な実態 60カ国で実施件数最高なのに、出産率は最低

■日本人は「不妊治療のリスク」を知らなすぎる 不妊治療の成功率は「世界で最下位」

■不妊治療の保険適用という吉報に不安も見える訳 新ガイドラインに沿うなら「適用外」の扱いが難題

■晩婚化と男性不妊の切っても切れない関係 女性だけに原因を求めてはいけない 

■日本の不妊治療が妊娠しにくい根本的な理由 体に優しいやり方では効果を生まない

 

不妊治療の保険適用、「うれしい」と思う当事者は3割? その理由や制度の実態とは

4月1日から始まる体外受精の保険適用 ~保険診療でできること、できないこと~

「安くなったらいい加減」!?保険で不妊治療を体験。“保険適用”=“一律”ではない、大事なのは「医師の判断」

不妊治療の保険適用で「使えなくなる薬」「できなくなる治療」…スタートの混乱 治療費の安さが痛みと引き換えに…

激痛を我慢…不妊治療の保険適用で「採卵に麻酔が使えない」事態が生じた理由 治療費の安さが痛みと引き換えに…

 

2022年4月から保険適用となった不妊治療の項目とは? 

■退職せざるをえなかった不妊治療の過酷な現実 「職場の無理解に苦しんだ」女性たちの本音

■「不妊治療と仕事」両立に苦悩した女性の本音 予測できない休み、両立する人の厳しい現実

■仕事を急に休まざるをえない不妊治療のリアル 有給休暇を使うなどの工夫ができない事情

■「不妊治療は当事者の問題」と思う人に欠けた視点 4月からの「保険適用」で何が変わったのか?

 

■不妊治療「最大手クリニック」あえて自由診療の訳 保険適用で費用負担は減るが治療内容に影響も

■不妊治療のお金「保険適用」でどう変化?実例検証 自己負担は原則3割、「高額療養費制度」も利用可

■データが示す「日本の不妊治療」知られざる実態 不妊治療の「平均回数」や「年齢別の妊娠率」とは

■32歳女性「妊娠できるか検査」で見えた残酷な現実 不妊治療クリニックで受ける検査を漫画で紹介

■不妊治療の保険適用で浮かび上がる「根本問題」 日本の不妊治療にはまだまだ課題がある

 

■家1軒分の「不妊治療代」を使った夫婦のその後 22歳から35歳まで治療を続た先にあったもの

■元宝塚・瀬奈じゅん「特別養子縁組で気づいた事」 彼女が感じた「1つじゃない」家族と幸せのカタチ

■退職した人は16%「不妊治療」調査で見えた過酷さ 医師から見た「働きながら不妊治療」の現実

■不妊治療中の女性を苦しめる「会社の余計な配慮」 制度だけでなく社内の風土づくりも重要だ

■就活生は、だいたい「出産適齢期」を知らない 男女とも、このことを知っておこう

 

■総額100万円も!「卵子凍結」する女性の事情 「今は産めない」理由はこんなにある

■不妊治療医が明かさない「体外受精」の現実 偏った情報が高齢出産望む女性を不幸にする

■鈴木おさむ「男性不妊がこうも知られてない理由」 あえて「小説」で男性の不妊を描いたのはなぜか

■世界一の不妊治療大国・日本が少子化に悩む根本原因 問われているのは男性側の意識

■たった5.7%…日本の「体外受精の成功率」がここまで低い理由 医療技術は世界でも高レベルなのに

 

■知っていますか?卵子の秘密…700万個の卵子は加齢と共に老化する 日本で体外受精が増え続けるワケ

32歳のとき、不妊治療で「1年以内に閉経の可能性」と言われた女性が知ったこと 『「妊娠できるか検査」に行ってみた』無料試し読み

■子宮の病気抱え不妊治療した女性と家族の覚悟 25歳で発覚した子宮内膜症と向き合い治療

■不妊の最大原因は「年齢」以外のところにあった  注意が必要なのは年齢より「疾患」

■日本の「妊活」 不都合な真実 不妊治療大国、しかし成功率は最下位

 

■命をコントロールしてまで、女は幸せになるべきか? 医師の私が不妊治療をやめた理由

■成功率3割、1回50万円の負担、予定を立てられない生活 不妊治療は女性を幸せにするのか?

■子づくりか仕事か。悩むアラサーが卵巣予備能「AMH」を測って考えた未来

■アンミカ「不妊治療での絶望」の先にあった”幸せ”   42歳から4年間治療し、そして現在へ

■600万円の不妊治療を経て里親に―『うちの子になりなよ』著者・古泉智浩が語る

 

■「子どもが欲しくない女性はこの世にいるはずがない!」 多様性を認めない社会の抑圧を考える

■働きながらの「不妊治療」拒む企業の本音  妊娠を理由とした”軽勤務”は認める

 

〇東洋経済オンライン  キーワード検索「不妊治療」に関する記事

〇ウートピ 「不妊治療」タグのある記事 

〇プレジデントオンライン「不妊治療」タグのある記事 

 

 

───────────────────────────────────────────────────

 

大きな流れの中、変化の中でお迷いの方・翻弄されご不安な方が増えていらっしゃいます。

他方で、世の煽りニュースを相手になさらず、冷静にスルーできていらっしゃる方も増えております。

楽しく自由で豊かな方向へ舵を切られた方は、その調子で、もうあとはリラックス致しましょう。

あなたの思いを大切にされ、どうぞのびのびと日々をお楽しみくださいね。

 

そして、憲法が改正され緊急事態条項が加われば、基本的人権が奪われること・私権制限を憂いていらっしゃる方は、発信できる方は、

具体的にわかりやすく、冷静に淡々と(重要)、積極的に発信して参りましょう。

 

大切な真実が伝わらず、今おつらい方へ

東京地裁 時短命令違法判決。ここからわかること

見えない強力なバリア / 子どもをミスリード・洗脳から守る

リラックスして、楽しく軽やかに

ウイルス騒動のウソと目的がわかりやすい動画

おすすめ記事3本|保育園お迎え時弁当販売 / 硬貨手数料対策 / 2022年改憲プロパガンダ対策

憲法改正に危機感をいだき、自由と人権を守りたい方へ。【本記事限定】ご回答の転載等自由、商業利用不可

現在、ゆでガエル中の方

なぜみんな行き詰まるのか? 悩むのか? / 壁を突破する

 

個別相談のお申込み

レポート分野別一覧

メッセージ一覧

 

 

転載等は許諾致しておりませんが、リンクはこの限りではありません。