お役立ちコラム

【高次元分析】確定申告とマイナンバーから見る、意識と現実の関係

高次元情報学の基礎知識
【お役立ちコラム】
思考停止の殻を破る高次元情報学の基礎知識を、身近な例を用い、Q&A形式で簡潔にわかりやすくお届けします。
 
【質問】
Aさんの地域では、確定申告の際、マイナンバーは必須でした。
他方、Bさんの地域では、マイナンバーは不要でした。
マイナンバー自体受け取っていない人もいて、役所からも受け取らなくてOKと言われたそうです。
 
体験した現実が、それぞれ異なるのはなぜでしょうか?
単なる地域差でしょうか?
どのように説明できるのでしょうか?
 
 
【答え】
 
マイナンバーを
 
Aさんは「受け入れた」
 
Bさんは「受け入れなかった」
 
それだけです。
 
 
Aさんは、受け入れたから、使用しないといけない現実を体験しました。
 
Bさんは、受け入れなかったから、使わなくて良い現実を体験しました。
 
 
 
Aさんも、「私は受け入れません」というエネルギーを出していれば、受け入れることはありませんでした。
 
Aさんは記入しないといけないと思っていらしたので、受け入れないといけないという現実を、自分で作りました。
 
地域差ではなく、受け入れただけです。
 
マイナンバーが義務ではなく、強制ではなく、選択できると知っていると、「受け入れるか/受け入れないか」の選択ができます。
 
でも、「受け入れないといけない、使用しないといけない」と思った時点で、その方の現実はそうなります。
 
受け入れた時点で、そうなります。
 
 
正確な情報は重要です。
 
知っていると、選択肢が増えます。
 
知らないと、選択肢がありません。(もしくは限られます。)
 
結果も正反対となることも少なくありません。
 
 
 
マイナンバーはほんの一例にすぎません。
 
正確な情報の重要性が特にわかりやすいのは、命に関わるときでしょう。
 
正確な情報を知っていれば助かった、死なないですんだ、という例は、医療現場では多々あります。
 
 
「しないといけないと言われた手術が、実は全く不要とわかった。むしろその手術はマイナスだとわかった。」
 
「体を傷めることなく、お金もムダにせず、しかも速やかに健康を取り戻せた」
 
ということは実はたくさんあります。
 
 
私たちは、役人、えらい先生、権威や地位のある人などに「こうしなさい」と言われると、
 
そうしないといけないものだと思いがちです。
 
皆そのように、小さな頃から刷り込まれているからです。
 
刷り込みは無数にあります。
 
 
でも、一度に全てを取り外そうとすると、混乱して大変です。
 
無理する必要はありません。
 
少しずつ、少しずつ、刷り込みを外していきましょう。
 
殻が破れるほど、今まで以上に、楽に楽しく進めるはずです。
 
リラックスしながら楽しんで参りましょう。
 
******
 
 
【関連記事】
 
【お知らせ】
 
神社仏閣などに関する刷り込みはとても強いので、ご存じないまま危険なことをされている方が少なくありません。
 
しかし、詳細に確認するほど、早急に要点をまとめお届けする必要性を感じ、
 
優先順位を上げて取り組んでおります。
 
「日常に即した部分」「結局何が本当なの?」「どうすればいいの?」という
 
今すぐ使える・知りたい論点に絞り、「この1冊でそれらほぼ全ての疑問が解ける、目からウロコのレポート」にしたいと思います。
 
ご興味がおありの方はどうぞ今しばらくお待ちください。
 
<予定項目(順不同)>
 
・神社などで願い事をするとはどういうことか? 
・願い事が聞き入れられる場合とそうでない場合の違いとは?
・デメリットの恐ろしさ
・お礼参りの効果はある? ないならどうすれば良い?
・神社(など)にいる存在さんって何?
・異次元存在さんの種類と波動の軽重順は?
・仏像の中に何かエネルギーを感じるが?
・おみくじの意味は?
・神社の役割とは? お寺や教会は?
・お祭りは何のためにある?
・神々しく見える存在とは何か?
・「神域・神事は女人禁制」などと言われる本当の理由は?
・神社などで気持ち良さを感じる本当の理由
・高次元存在との見分け方は?
(確実と言われていた見分け方は今はもう通用しない。それはなぜか? どうすればよいのか?)