プレ・カンストゲーム

【プレ・カンスト】その高額医療機器、いる? いらない?

高額医療機器導入・要否の判断

【プレ・カンストゲーム】
思考停止の殻を破り、カンストゲーム高次元情報学をより現実に活かしたい方へ。
高次元思考のベースを作る着眼例をお届けします。

初めての方はこちらの「プレ・カンストゲームとはをご覧ください。

お役立ちコラムも併せて読まれると有用です。
おおよそのレベルは「お役立ちコラム < プレ・カンストゲーム」です。

人生のハンドルを取り戻し、現実化の精度を上げて行きましょう。

============

「医療保険、高額医療機器」

皆保険は良いものだと言われるが、年間国民医療費が40兆を超え、
毎年1兆円以上ずつ増えていると聞くと、どうかと思う
異常さを感じる

皆保険といっても、対象とならないものもある
例えば内視鏡手術とか
開腹等より体に負担が少なくて良いと思うが、
すべてではないにしろなぜ対象外なのか?

そう思っていたら、今年の4月から、
医療ロボット「ダ・ヴィンチ」を使用した場合は、複数のがんを中心に保険対象になったとか
「ダ・ヴィンチ」のメーカーや価格等を考えると、何かあるのではと思ってしまう

考えすぎか?
本当のところはどうなのか?
高額医療機器は、どのように考え判断すればよいのか?
気を付けるべき点等あればお願いします

 

===

一般的にはご存じない方が多いかもしれませんが、

本件をご存じの方は、疑問に思っていた方は少なくないと思います。

 

医療ロボット「ダ・ヴィンチ」は米国製で、価格は軽く億を越えます。

最新型:3億5,000万円

年間維持費:2,000~3,000万円、

1回の手術当たりの消耗品代は数十万円、とか。

 

この高額医療機器は、今年の4月から放送されているある医療ドラマにも出て来たようです。

あらすじをざっと拝見しただけですのでざっくりとした印象ですが、

同機器の問題点を取り上げるような内容ではなく、その逆のようです。

保険適用条件となるのと同じ時期に、

同機器を印象付けるドラマ放映とは、

すごい偶然ですね。

本当に偶然なのでしょうか。

 

では、本日の問いです。

■「高額医療機器は高いが性能は良い、できればあった方が良い」
という考えは、けっこうあると思います。
この考えが当然のように出て来ること、当然そのように思えるのはなぜでしょうか?
それはどのように説明できるでしょうか?

■技術の進歩は確かにあります。
機器の性能も上がります。
メリットとデメリット、それぞれどのように説明できるでしょうか?

■メリットがある場合、活かすなら、何が大切となるでしょうか?

■高額医療機器すべてを否定するものではありませんが、判断は重要です。
そもそもその機器が本当に必要かどうか、どこで判断すれば良いでしょうか?

■医療ビジネスで食い物にされているのは患者さん・・というイメージが強いですが、患者さんだけでしょうか?

■日本では、手術をする外科医は目立つイメージがあります。
一般の方は特に、かっこいい・すごいというイメージがあるかもしれません。これはどこから来るのでしょうか?
そこに何か理由・意図はあるでしょうか?

■そもそもその手術自体、実は要らない・・ということは、あるでしょうか?

■もしあるとしたら、例えばどのような例があげられるでしょうか?
それはなぜでしょうか?
どうすれば良いのでしょうか?

 

【あなたはどれですか?】

A:考えたこともなかった

B:気になってはいたが、具体的にどのように考え判断すれば良いのかわからなかった

C:半分ほど答えられる

D:ほぼ答えられる

 

高額医療機器の導入・利用の判断。

金額はさておき、メーカーや権威の説明に素直にうなずきがちではありませんか?

ある意味仕方ないことではありますが、一体なぜでしょうか?

 

患者さん側も、高額医療設備が整っている方が良い病院、

というイメージがあるかもしれません。

特定機器の有無を調べてから受診される方も、いらっしゃることでしょう。

 

すべてを否定するものではありませんが、

本当は要らないものを要ると信じていたり、

効果が大してないものをあると思っていたり、

気づいていないだけで、けっこうあるものです。

 

価格が価格ですので、それぞれの現場において本当に必要なものだけを、

確実に選び、上手に使っていけると良いですよね。

不要と判断した場合はその明確な理由を説明できると、

さまざまな方面に対しプラスの効果があることでしょう。

患者さん側も、情報に振り回されることなく、

ご自身に本当に必要なものだけを、上手に選べると良いですね。

 

そういえば、昔ある医療機器メーカーの社長がおっしゃっていたこと・・。(当方とは仕事上一切関係はありません。)

「自分で治されては困る。病人は増え続けてくれないと困ります。」

善悪ではなく、3次元はそういう世界ということです。

 

正確な知識は力です。

楽しく自由で豊かな現実を望まれる方は、

罠や仕掛けにからめとられることなく、

人生のハンドルをその手にしっかりと握って行きましょう。

 

=====

・全記事タイトル一覧(お知らせ除く)

レポート分野別一覧&価格

お役立ちコラム一覧

プレ・カンストゲーム一覧