お役立ちコラム

【高次元分析】テラス席の気持ち良さをエネルギーで説明すると?

高次元情報学の基礎知識
【お役立ちコラム】
思考停止の殻を破る高次元情報学の基礎知識を、身近な例を用い、Q&A形式で簡潔にわかりやすくお届けします。
 
*****
 
【質問】 
ベランダにある屋外用のソファで、のんびりするのが好きです。
とても気持ちが良いです。
窓辺で窓を全開にして風を感じるより、ベランダの方がずっと気持ちが良いのはなぜでしょうか?
エネルギーの量が違うのでしょうか?
 
 
【答え】
 
外と内では、量ではなく、エネルギーの流れが違います。
 
遮る物があると、対立が起きます。
 
エネルギーが遮られ、止まります。
 
エネルギーの流れは、それほど大事です。
 
建物が建つと、エネルギーがブツブツと切れます。
 
都会の建物や高速道路は、エネルギーの流れを切ります。
 
 
他方、木はとぎれません。
 
木は対立ではないからです。
 
家はそれ自体が対立です。
 
屋外は自然です。
 
家は守るためのものです。
 
守るものは対立を起こします。
 
守る必要はありません
 
守るということは対立です。
 
(「守る」のニュアンスを表現するのが少々むつかしいですが・・・。
「対立のエネルギーの守る」と、「大切にする気持ちの守る」、は違います。
何となくで良いので、受け取っていただるとうれしいです。)
 
*****