お役立ちコラム

【高次元分析】作った料理を子供が食べたがらないときは、どうすればよい?

高次元情報学の基礎知識

【お役立ちコラム】
思考停止の殻を破る高次元情報学の基礎知識を、身近な例を用い、Q&A形式で簡潔にわかりやすくお届けします。
 
*****
 
【質問】
前記事の続き
以前の記事⇒「家族のために・・との思いに、エゴはある?」
 
自分が食べたい料理を作れば良いとのことですが・・・。
私が作った料理を、子供が食べたがらないことも多いです。
自分は「これが食べたい」と思って作っていますが、
別の料理を食べたいと言ったり、残したりします。
私が作った料理を食べてくれると、正直楽です。
どう考えれば良いでしょうか?
 
 
【答え】
 
食べる・食べないは、その子の自由です。
 
お子さんが食べたくないなら、今は食べなくて良いのです。
 
無理矢理食べさせる必要はありません。
 
食べたいものがあるなら、自分で作るように伝えましょう。
 
「この料理が食べたくないなら、自分で食べたいものを作ってね。自由に作って食べていいのよ」と。
 
もしくは、料理を作る前に「私は今日これを作るけれど、あなたはどう?」と聞いてあげましょう。
 
「私はこう思うけれど、あなたはどう?」と、相手の意向を聞いてあげましょう。
 
コミュニケーションです。
 
 
そして、食べない自由も認めてあげてくださいね。
 
自分で作る自由もあります。
 
コミュニケーションをとってもどうしてもすり合わなければ、

別々に食べるというのも一つの案です。
  
「ねばならない」は必要ありません。

 

一日3食きちんと食べないといけない? 

朝食は大事だからしっかり食べないと?

病気の時もなるべく食べないと元気がでない?

そんなことはありません。

いずれも刷り込みです。

食べたければ、食べれば良いのです。

食べたくなければ、食べなくて良いのです。

食べたくないというのは、今体は食事を必要としていないということです。

特に病気の時は、食事をとると消化のために体力を使います。

病気を治すための力を消化のために振り分けないといけなくなり、体への負担が増します。

 

 

「ねばならない」は手放しましょう。

どうぞ我慢はなさらないでくださいね。
   
我慢をすると、あなたの中のエネルギーが枯渇します。
 
エネルギーが枯渇すると、イライラします。
 
イライラして喧嘩になります。
 
  
  
あなたはカレーを作ったけれど、子供は胡瓜を食べたいと言ったとします。
 
子供は胡瓜を食べれば良いのです。
 
カレーと胡瓜を一緒に食べても良いですよね。
 
自由で良いのです。

  
・・といっても、健康や栄養バランスなども気になると思います。

大丈夫です。

健康・体に良い食事と、上記のやりとりは、両立できます。

どうぞご安心ください。

詳細は下記のレポートなどでお届けしていますのでここでは控えますが、

レポート:「30品目・牛乳・塩分」
レポート:「電磁波・防止グッズ・EM菌・食用油の選び方」
レポート:「良い食事とは・食品成分と効能・マウス実験・添加物」
  

食事に関しても、たくさんの刷り込み・ミスリードがあります。
 
まずは、「ねばならない」を手放しましょう。
 
どうぞ、我慢はしないであげてくださいね。 

 

*****

【関連記事】
 職場にストレスが多い理由
 いじめや虐待をする人の心理とエネルギー状態とは?
 登校拒否や引きこもりは、天才たちが芽を出し始めたサインです
 子供の才能をつぶしているのは・・・?
 怒られても動き回る子は、むしろ安心です
 グチを言う人の心理とエネルギー状態とは?