レポート最新順紹介

【厳選】高次元情報集|健康上級編7|糖尿病

健康・上級編7『糖尿病』高次元視点による解説

おまたせ致しました。

読みごたえある上級編シリーズ

第7巻「糖尿病」レポート発売です。

 

現在糖尿病は、疑いを含めると、日本人の5~6人に1人が罹患しているそうです。

治療費は、年間自己負担額 4~13万円、平均7.4万円、

患者は40歳代から急に増え始めるそうです。

治療費平均額 ✕ 50~80歳の30年として、健康保険の3割自己負担だけで220万円以上。

合併症無しでこの金額です。

合併症になればそれ以上、合併症の数が増えるほど金額も上がり、いずれも生涯続くそうです。

しかも、お金を払えばスッキリ解決、ではなく、常に種々懸念がつきまといます。

 

あなたはそれでよろしいですか?

納得されていますか?

今後も迷いながら心配・不安・恐怖をいだき続けますか?

 

下記のご質問内容にピンと来た方、

自分も気になっている、知りたいと思っていらした方、

調べても調べても色んな説があり結局よくわからない、

ある程度推察はできるけれど判断しきれない、決め手が欲しいという方々。

 

その答えが、ここにあります。

 

しかも今回は、高次元存在より意外なヒントをいただき、時間をかけてたどり着いた貴重な情報もあります。

正直私も驚きました。

知っておかれて損はありません。

より安心でき、心強いです。

 

時間をかけて探求し答えを見つけ出すことは他の上級編レポートも同様ですが、

今回のレポートも、一度手にされれば生涯使える内容です。

 

正確な知識は力です。

人生の質を上げたい方、

後悔したくない方、

時間・お金・労力を無駄にせず本気で身体を大切にされたい方々に、

自信をもってお届け致します。

 

【レポート掲載ご質問】要約

『最近血糖値が気になります。
糖尿病にならないように気を付けたいと思います。
まず糖尿病について詳しく知ろうと思い調べました。
でも、どうもよくわかりません。
医学的な説明はわかりますが、おかしな点が多いように思います。

糖尿病は、膵臓のβ細胞に由来するインスリンの不足や作用低下による慢性的な高血糖に特徴付けられる症候群、だそうです。
しかも、自覚症状がない場合も多いと言います。

患者が増え続けています。でも予備軍は減っています。
これは、グレーゾーンが減り、患者に分類される人が増えているということだと思います。
しかも完治しないと言われています。

治療は主に、運動・食事・投薬・注射薬とされます。
インスリン自己注射治療は、薬代とは別に、指導管理料や血糖自己測定器料が必要なようです。家でひとりでやる場合でもです。
結構な金額のようですが、海外にはなく、日本だけだそうです。

保険がある、ジェネリックがある、医療費控除制度があるから良いという問題ではないように思います。

糖尿病患者を増やすほど、医療ビジネス的にとてもおいしいのではないかと勘繰ってしまいます。
(勘繰りすぎでしょうか?)

食事は適度な糖質制限が良いと言われますが、これもあいまいです。
医師向け資料では、食事療法の「炭水化物比率は40-60%」とされ、患者向け資料では「炭水化物比率は50-60%でなくてはならない」と書いてあり、医師向けと患者向けでは推奨内容が異なるとの記事も見かけました。
医師側も正解が分かっていないのではないでしょうか?

原因も、食事、運動、ストレス等言われていますが、どれも間違いではないと思いますが、そう言っておけばどれかに該当し、数値が良くないと「患者がきちんと言うとおりにしないから」と言えるように思います。

確かに患者である自分自身がちゃんとしないといけないと思います。
でも、何が正解なのかよくわからない中、医師の言うとおりちゃんとやれと言われても・・・。
しかも、患者は増え続けていて完治しないわけですから、本当に正しいのかどうかわからず躊躇します。

その他疑問点
・糖尿病家系というのは本当にあるのでしょうか?
・投与するインスリン自体が問題を起こすという意見もありますが本当でしょうか?
・スピリチュアル的には糖尿病は「節制不足、忍耐不足が原因」「愛情の受取り下手」と言われているそうですが、本当でしょうか?
・そもそも、糖尿病とは何でしょうか? 本当に原因はわからないのでしょうか?
・昔はインスリン注射などないと思うのですが、昔の人たちはどうしていたのでしょうか?
・運動療法もいろんな説があり、やり方や時間など細かく決められているものもあります。何が良いのでしょうか?

現代医療の説明にウソはあるのか?ないのか? 
結局どうすれば良いのでしょうか?

お願い致します。』

 

上記に対する高次元視点でのご回答を掲載致しております。

会話風の質疑応答形式で、複数の論点をわかりやすくお届け致します。

 

【おすすめ読者層】

・上記ご質問内容にピンと来た方
・糖尿病について自分も気になっている、知りたいと思っていらした方
・調べても調べても色んな説があり結局よくわからない、推察はできるけれど判断しきれない、決め手が欲しいという方

【お求めいただける方】

・健康系レポートの初級編や中級編等を、計3本以上ご購読の方
・認知症レポートをご購読され、身体や病気に関するご相談もされた方
・身体や病気に関するご相談を2件以上された方

※上記の方へは、レポート及びご回答書をご送付時に、本質にそった人体の仕組みへのご理解を深めていただくための補助レポート「基礎編1~3」を、順次無料でお付け致しております。上級編レポートをよりご理解いただくための一助となります。

※ご購読者様に一定条件がございます理由は、糖尿病・がん・歯の各レポート冒頭にてお届け致しております。

 

【価格】22万円(税込み)

 

【お申込み方法】info@arsnova-harmony.comへ「ご希望レポート名、ご氏名」を記載しお送りください。

 

※レポート健康 初級編6|糖質制限食・ロカボ・低炭水化物ダイエット」をご購読の方は、内容が一部重なりますので、価格を勘案させていただきます。

※他気になる論点やご希望テーマ等ございましたら、お気軽にお寄せください。今後のレポート作成及びその他サービスの参考にさせていただきます。

※その他、ご不明な点やお知りになりたいこと等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

《関連記事》

レポート選びのご参考:がんレポートと糖尿病レポートでお迷いの方へ(一例)

がんレポートのご感想 / レポート選びのコツと+αのサービス

レポート健康 初級編6|糖質制限食・ロカボ・低炭水化物ダイエット」

レポート分野別一覧