お役立ちコラム

【高次元分析】共依存の親子関係:共依存をやめる方法(一例)その5

高次元情報学の基礎知識
【お役立ちコラム】
思考停止の殻を破る高次元情報学の基礎知識を、身近な例を用い、Q&A形式で簡潔にわかりやすくお届けします。
 
*****
 
【質問の要点】
(共依存の親子関係の一例)
・父が大きらいだが、会うとおべっかを使ってしまう
・そんな自分がイヤなのでどうにかしたい
・どうすれば良いか?
 
 
<前回までの回答要点>
1.まず、共依存であることに気付く
2.本当は父が大好きな自分を認める
3.共依存をやめる、と強く意図する
4.「父に気に入られる自分をやめる」と強く意図する
5.自分は人と迎合しなくても大丈夫な存在だと、自分で自分を認める
6.「父の良い面だけを見て、いやな面は現実に入れない」と強く意図する
7.人の厚意を受け取るか否か、選択権は常に自分にある
 
 
【答えの続き】
 
我慢、自己犠牲は、重い波動です。
 
重い波動エネルギーを発すると、あなたの次の現実も重いものとなります。
 
相手に悪いし・・と思い、コーヒーくらいなら・・・との思考は妥協です。
 
妥協は我慢です。
 
我慢して飲むと、次もまたコーヒーを出してくるかもしれません。
 
次回は、コーヒーに更に何か付いてくるかもしれません。
 
「この人は自分の出す物は何でも喜んで受け取る」と思うと、それがもっと大きくなっていきます。
 
そうなってから断ると、驚き、怒り、反抗した、となります。
 
 
コーヒーを「仕事」「ちょっとした依頼」などに置き換えてみるとどうでしょう。
 
ぐいぐいとこられて困るけれど、ちょっとイヤだけれど、上下関係やしがらみがあるから断りづらい・・・。
 
いろんな場面で良く見られる光景ですね。
 
 
日常の中に、意外と我慢が多いことに気付かれるでしょう。
 
種の小さなうちから、素直な気持ちを出していくことが大切です。
 
コーヒー一杯断れないなら、それ以上を断ることはもっと難しいでしょう。
 
コーヒー一杯から、断る練習をした方が良いとも言えます。
 
あなたが素直に気持ちを表現することで、人には人の考えがある、と相手の方は理解することができます。
 
 
相手の判断は、常に相手の自由です。
 
あなたがイヤならイヤと、遠慮なくおっしゃってください。
 
あなたのテリトリー内でできることはたくさんあります。
 
我慢してニコニコと受け入れていると、相手はあなたの我慢に気付きません。
 
でも、あなたが素直に伝えることで、相手の方は気付きます。
 
そうすれば、お互いに感謝と尊敬をもって、尊厳を大切にし合うことができるようになります。
 
それがむつかしい場合は、価値観が大きく違う=波動が大きく異なる可能性があるため、そっと距離を置かれることをお勧めします。
 
 
小さなことでも、はっきりと伝えることが大切です。
 
遠慮は要りません。
 
といっても、伝え方にもよりますよ。
 
「コーヒーなんていらない!」というのは対立のエネルギーです。
 
 
「ありがとうございます。お気持ちはうれしいです。でも今は飲みたくないのでごめんなさい」
 
と言えば問題にはならないはずです。
 
相手の為を思ってする行動も、ある種の支配です。
 
「相手の為」というは、あくまでもその人の考えです。
 
受け入れるかどうか、選択権は常に本人にあります。
 
遠慮は要りません。
 
自由に選んで良いのです。
 
自由に選べるのですから、自分がより気持ちの良い方、幸せになる方を堂々と選びましょう。
 
(本テーマは以上です)
 
*****
【関連記事】
 
 
【関連レポート】