お役立ちコラム

【高次元分析】怒られても動き回る子は、むしろ安心です

高次元情報学の基礎知識
【お役立ちコラム】
思考停止の殻を破る高次元情報学の基礎知識を、身近な例を用い、Q&A形式で簡潔にわかりやすくお届けします。
 
*****
 
【質問】
5歳の子がいます。
毎日動き回り、先生に怒られています。
「あなたのままでいいよ」と伝えていますが、やはり先生に怒られてしまいます。
どう声かけをすれば良いのでしょうか?
  
 
【答え】
 
まず、学校や幼稚園などに行きたがらなければ、行かせなくて良いです。
 
学校とは、型にはめるところです。
 
子供の個性をつぶすところです。
 
  
その子のように動き回るお子さんは大丈夫です。
 
ちゃんと自分でやります。
 
やっていけます。
 
どうぞ安心してください。
 
 
手をかけないで、見守ってあげてください。
 
小さなケガ(失敗)をたくさんさせてあげてください。
 
転ばないように手をかけるのではなく、転ばせてあげてください。
 
転ぶことにより、自分でわかるようになります。
 
立ち上がり方も、ケガをしない方法も、自分で学びます。
 
転ぶことにより、自分で学ぶことができます。
 
自分の身の守り方を経験させてあげてください。
 
経験することにより、自分で理解し、次に活かすことができます。
 
自分でやることにより、自信が育っていきます。
 
自信ができるほど、次も上手くできるようになります。
 
 
親御さんは「この子なら絶対に大丈夫」と安心と信頼を胸に、見守ってあげてください。
 
口だけではダメですよ。
  
口先だけの言葉は、子供にはわかります。
 
心から信頼してあげることです。
 
そのエネルギーを受け、お子さんも「自分は大丈夫なんだ。できるんだ」と思うことができます。
 
だから、できるようになります。
 
自分の力を自分で伸ばしていけるようになります。
 
 
*****