お役立ちコラム

【高次元分析】ツインソウルという嘘・ミスリード

高次元情報学の基礎知識
【お役立ちコラム】
思考停止の殻を破る高次元情報学の基礎知識を、身近な例を用い、Q&A形式で簡潔にわかりやすくお届けします。
 
*****
 
【質問】
ツインソウル、陰陽ぴったり合う魂のパートナー、といったお話がよくありますが、本当なのでしょうか?
 
 
【答え】
世の多くの方の夢をつぶすようで申し訳ありませんが・・
 
ツインソウルや魂のパートナー等はいません。
 
グループソウルはいます。
 
似た波動の魂はいます。
 
しかしツインソウルはミスリードです。
 
 
「この世のどこかに、自分の魂の片割れがいる。
   その人と出会えると一つの完璧な魂になれる。
   すべてうまくいく。幸せになれる」
 
このようなツインソウルのロマンある美しいイメージは、「ツインソウルに出会えない今の状態は完璧ではない、不完全な状態である」と思わせるための作り話です。
   
ミスリードのための作り話はたくさんあります。
   
幼い頃から触れる童話や絵本も、刷り込み・思考のミスリードのための重要なツールの一つです。
 
映画・ドラマ・マンガ・アニメ・小説・文学作品など、全て、大なり小なり刷り込みというドクが入っています。(もちろんフィクションに限りません)
 
  
ツインソウルの美しいお話を信じてしまうと、ツインソウルに出会えないと、いつまでたっても自分は完璧だと思い出せません。
 
そもそも存在しないのだから、出会えるわけもないのです。(←重要)
 
つまり、いつまでも「自分は不完全だ」と思わせるために、敢えて存在しないものを作り出しています。
 
 
天国や地獄と同じ、作り話です。
 
特定の目的のため、人びとの思考を誘導するためのものです。
 
 
ツインソウルは要りません。
 
必要ありません。
 
あなたはそのままで完璧だということを思い出してください。
 
陰陽合わさらなくても、あなたは完璧なのです。
 
 
ツインソウルという美しい物語を信じさせることにより、
まだ自分は完璧ではない・・と無意識のうちに思わされています。
 
究極を言えば、パートナーも要りません。
 
あなた一人で完璧なのです。
 
ただ一緒にいた方が楽しいなら、一緒にいれば良いだけです。
 
一緒にいたくないなら、一緒にいなくても、全くかまわないのです。
 
 
パートナーだけでなく、仕事も食べ物も全てそうです。
 
自分が楽しいかどうか。
 
判断基準はそれだけです。
 
それだけで良いのです。
 
 
 
────────────────────────
【関連記事】
  
【関連レポート】